エレピアコンチェルト

エレピアコンチェルトとは

エレピアコンチェルトとは、『エレクトーンとピアノでコンチェルト』のこと。ピアノが主役=ソリストで、エレクトーンがオーケストラのパートを1台(1人)で弾く、2人でできるコンチェルト(協奏曲)です。

ピアノを習い始めたばかりの方にこそ、子どもにも大人にも素敵な伴奏付けて弾かせてあげたい、アンサンブルの楽しさを味わって欲しい、発表会ではお客さまにも楽しんで頂きたい、そんな想いで生徒一人一人のために編曲したものです。ですから、ピアノパートは奏者のレベルに合わせ、本当に易しい片手だけのものから易しい両手、ブルグミュラーやソナチネ程度のものまで様々なレベルに対応できます。

アンサンブルはピアノだけでもできますが、エレクトーンを使うことで、オーケストラサウンドや、さらに多彩な音色に包まれて弾くことができます。エレクトーンと一緒に演奏する事で曲のイメージは大きく膨らみ、想像力も豊かになります。そして、人と合わせることで、文字通り『息を合わせる』事が身に付き、自然なフレージングができるようになりますし、相手の音をよく聴くことで『聴く耳』も育ちます。それはピアノの演奏にも反映され、結果『音楽的』な演奏に繋がります。さらに、相手と協力して演奏する事で、人が生きてゆくのに最も大切な思いやりや協調性・責任感なども養われます。この作品には、そんなたくさんの想いが詰まっています。普段のレッスンに、発表会に、ぜひご活用下さい。


楽譜を販売しております

楽譜を購入ご希望の方は、下記の「楽譜購入」からご注文ください。

お問い合わせ内容欄に、ご希望の曲名をお書きのうえ送信してください。お支払い方法、お届け方法をメールにてご案内いたします。

 

価格:¥600/1曲(エレクトーンのレジストデータ付き)

但し、クレメンティ:ソナチネOp.36-1、クーラウ:ソナチネOp.55-1の2曲は、全楽章一括で  ¥1,000となります。


子どものうたや童謡によるもの

←左上のここをクリック(タップ)しますと、曲目リストが表示されますので、お聴きになりたい曲を選んでお聴きください。

1 きらきらぼし(ハイドン風)

片手だけで弾ける極めて易しいピアノパート。ハイドンのびっくりシンフォニーを下敷きにしている。

C-Major 転調なし。

2 メリーさんのひつじ

片手だけで弾ける極めて易しいピアノパート。

C-Major→G-Major→C-Major   間奏はシューベルトの子守歌。

3 かえるのうた

片手だけで弾ける極めて易しいピアノパート。

C-Major 転調なし。

4 ひげじいさん

片手だけで弾ける極めて易しいピアノパート。

G-Major→C-Major→F-Major→G-Major 1コーラスごとに伴奏のリズムが変わってゆく。

5 ぞうさん

両手で1本のメロディーを弾くピアノパート。

お母さん象と子象の会話という設定でバロック的な伴奏。

C-Major→G-Major→C-Major

6 ふしぎなポケット

両手で1本のメロディーを弾くピアノパート。

C-Major 転調なし。古典派のコンチェルトスタイル。

7 どんぐりころころ

片手だけで弾ける極めて易しいピアノパート。サルサのリズムに乗って陽気に。途中、げんこつや手のひらで自由に弾く即興部分あり。

C-Major→F-Major→A-Major どんぐりは、南の島に辿り着いた模様。

8 ぶんぶんぶん 易しい両手用に書いてあるが、片手でも弾けるピアノパート。C-Major→F-Major→C-Major
9 むすんでひらいて 易しい両手用に書いてあるが、片手でも弾けるピアノパート。古典派のコンチェルトスタイル。C-Major 転調なし。
10 ちょうちょ

易しい両手のピアノパート。モーツァルト風でカデンツ付きの古典派のコンチェルトスタイル。

C-Major→a-minor→A-Major→F-major→C-major

11 チューリップ

易しい両手のピアノパート。モーツァルト風でカデンツ付きの古典派のコンチェルトスタイル。

C-Major→a-minor→C-major

12 こぎつね 易しい両手のピアノパート。“きつね”と言えば“たぬき” エレクトーンで「証城寺の狸ばやし」が絡み、きつねとたぬきの化かし合いという設定。
13 アビニョンの橋の上で 易しい両手のピアノパート。途中、即興で色々な動物が橋を渡る場面では、クラスター(げんこつ、手のひら、ひじなど)を使う。C-Major   転調なし。
14 キラキラ星(スターウォーズ風)

易しい両手のピアノパート。星→宇宙→スターウォーズという連想から、どことなくスターウォーズを感じさせるアレンジ。前半は戦争、後半は平和が蘇った宇宙という設定。C-Major→D-Major

15 ゆうやけこやけ

易しい両手のピアノパート。ゆったりしたテンポで、美しい夕焼けを描いている。G-major→C-Major→E♭-Major→C-Major

16 リパブリック讃歌

易しい両手のピアノパート。オルガンと金管の荘厳なサウンドに包まれる。C-Major→A♭-Major→F-Major

17 ヤンキー・ドゥードル 易しい両手のピアノパート。グレン・ミラーの「茶色の小瓶」を下敷きにしたビッグバンドのイメージのスウィングジャズ。F-Major
18 聖者の行進

易しい両手のピアノパート。デキシーランドジャズ。C-Major→A-Major

19 よろこびのうた 易しい両手のピアノパート。冒頭は原曲に忠実なクラシック。後半は16ビートで盛り上がる。
20 大きな栗の木の下で 易しい両手のピアノパート。ラテンのリズムに乗って、変拍子やテンポの変化が楽しいアレンジ。ピアノパートは、C-Major→F-Major→C-Major 間奏部分は、4つの調に転調してゆく。
21 わらべうたコンチェルト 日本のわらべうた6曲を使って組み立てた和風のアレンジ。琴、能管、小鼓、大鼓、掛け声など邦楽器の音をふんだんに使っている。

ピアノ曲によるもの

←左上のここをクリック(タップ)しますと、曲目リストが表示されますので、お聴きになりたい曲を選んでお聴きください。

1 バイエルコンチェルト 第1楽章 バイエルの曲を主題にしたソナタ形式 Allegro
2 バイエルコンチェルト 第2楽章 バイエルの曲を主題にした複合三部形式    Adagio
3 バイエルコンチェルト 第3楽章 バイエルの曲を主題にしたロンド形式 Allegro
4 バイエルロンド バイエルの曲を主題にしたロンド Allegretto

5

ギロック:ガラスのくつ

ピアノパートは原曲通りで、2回繰り返す。
6 ペッツォルト:メヌエット G-Dur

ピアノパートは原曲通り。バロックの室内楽の楽器編成で伴奏を付けてあります。

7 バルトークコンチェルト ミクロコスモス1巻の6曲をメドレーにして、バルトーク的な伴奏を付けました。
8 T.エステン:人形の夢と目覚め ピアノパートは原曲通り。掛け合いの部分を挿入して、コンチェルトらしくしました。
9 Concerto in a アラベスク(ブルグミュラー)とバイエルNo.91を合成した自由な形のコンチェルトです。
10 ブルグミュラー:アラベスク ピアノパートは原曲通りです。
11 ブルグミュラー:狩 17〜18Cの貴族のスポーツとしての狩をイメージして編曲しました。ピアノパートには、途中にオリジナルな挿入部分があります。
12 ブルグミュラー:天使の声 教会での祈り、天上から降り注ぐ歌を連想して見ました。ピアノパートには、途中にオリジナルな挿入部分があります。
13 ブルグミュラー:貴婦人の乗馬

17〜18C、フランスの貴婦人が馬に乗ってお散歩中、馬が突然暴れ出し、落馬してしまう。絶望するが気を取り直して再び乗馬を楽しむ。というストーリーにしました。

14 クレメンティ:ソナチネ Op.36-1 第1楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

15 クレメンティ:ソナチネ Op.36-1 第2楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

16 クレメンティ:ソナチネ Op.36-1 第3楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

17 クレメンティ:ソナチネ Op.36-3 第1楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

18 クレメンティ:ソナチネ Op.36-3 第2楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

19 クレメンティ:ソナチネ Op.36-3 第3楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

20

クーラウ:ソナチネ Op.55-1 第1楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

21 クーラウ:ソナチネ Op.55-1 第2楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

22 クーラウ:ソナチネ Op.55-2 第1楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

23 クーラウ:ソナチネ Op.55-2 第2楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

24 クーラウ:ソナチネ Op.55-2 第3楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。

 

25 モーツァルト:ピアノソナタ K.545 第1楽章

導入部を付け加え、部分的に掛け合いにするなどして、コンチェルトらしい形に再構築しました。

ピアノパートは、原曲通りです。